新型コロナウィルス感染症拡大防止に向けた今後の取り組み

                                                                                      2020年6月29日

   新型コロナウィルス感染症に伴う緊急事態宣言が5月25日に全面解除されました。当社ではその後も東京アラートの発動などの社会情勢を鑑みてテレワーク、時差出勤などを活用した感染症拡大防止のための勤務体制としてきました。今後は下記対策を全社的に実施することで引き続き感染症の拡大防止に努めてまいります。

 

   【 Ⅰ. 勤務体制について 】

   ①原則通常勤務としますが、必要に応じて引き続きテレワーク、時差出勤を実

      施します。

   ②執務室内の三密の回避を徹底し、こまめに換気を行います。

   ③外部者との打合せ、外出、出張は必要最低限の人数で実施します。

   ④会議等はWEB会議を積極的に活用し、人と人との適切な間隔の確保、マクス

      着用、会議中の換気を徹底して実施します。

   【Ⅱ. 感染が疑われる社員への対応について】

   ①社員が風邪症状(熱や発熱等)を発症した場合は、出勤を禁止します。

      自宅待機期間中の社員は有給休暇とは別の特別休暇として対応します。

   【Ⅲ. 社員が感染した場合の対応について】

   ①会社への即時報告の徹底、取引先・関係会社への速やかな連絡を徹底し

      所轄保健所の指示に従い必要な措置を実施します。

   ②濃厚接触社員に対し原則14日間の自宅待機を命じます。

      自宅待機期間中の社員は有給休暇とは別の特別休暇として対応します。

 

   その他、手洗いうがい、消毒、咳エチケットの徹底等の一般的な感染症防止対

   策については、今後も継続的に実施しします。

 

 

  • 表彰実績-優良業務表彰等の実績をご紹介
  • 技術・業務ライブラリ-主な技術・業務成果のご紹介
  • 採用情報-採用情報はこちら
  • facebook sogo eng
  • Instagram sogo eng

このページの先頭へ戻る