情報セキュリティー基本方針

株式会社 綜合技術コンサルタントは、「優れた技術で社会に貢献する」を理念とし、社会とお客様から
信頼され、「技術」と「経営」と「倫理」に優れたコンサルタントとして、心豊かな社会の実現を目指しています。

情報・通信技術が発達する一方、情報セキュリティ事件・事故が多発し、情報資産の安全性確保、
リスク管理の重要性は更に増してきており、お客様の信頼を高める継続的な改善努力が必要とされています。

株式会社 綜合技術コンサルタントは、情報セキュリティ対策基準を確立し維持することで、情報資産の
安全性を確保し、社会とお客様から信頼される成果、サービスを提供します。

以上の理念を実現するため、情報セキュリティに関する以下の行動指針を定めます。

 

                        【

  1. 情報資産を確実に保護し、継続的・安定的なサービスの提供を確保するため、
    適切な情報セキュリティ対策を実施する。

  2. 情報資産の取扱いについて、関係法令、規制および契約上の要求事項、
    その他規範に準拠・適合した情報セキュリティポリシーを定め、社員等はこれを遵守する。

  3. 情報セキュリティの重要性を認識し、適正な利用を行なうよう関係者全員への
    教育・訓練を定期的に実施する。

  4. 情報セキュリティ事件・事故を未然に防止するため、または、事件・事故の
    被害の拡大を最小限にするため、原因を迅速に究明し適切な連絡体制を確立する。

  5. 重大な災害や事故の発生に備え、速やかに事業活動を再開できるよう、
    情報セキュリティ対策をとる。

  6. 情報セキュリティ対策の実施状況、関連法規の遵守状況を定期的に評価し、
    情報セキュリティ対策基準を継続的に改善する。

 

平成27年12月4日

代表取締役社長 牧田 孝二
 


このページの先頭へ戻る