主な技術紹介/環境影響評価

【環境影響評価】方法書、準備書、評価書の作成

環境影響評価図書 環境影響評価法に基づき、一定規模の道路、鉄道、発電所などの事業実施前に環境への影響を調査・予測・評価することによって、より環境に配慮した事業の実施を確保するものです。
当社は「道路環境影響評価の技術手法」における騒音・振動の予測手法検討に参画するとともに、道路事業の最初の「方法書」を作成し、その後、多くの豊富な実績を有しています。
なお、環境影響評価法は、戦略的環境アセスメント(事業の計画段階において環境影響評価を実施:配慮書手続き)や環境保全措置等に結果の報告・公表(報告書手続き)、方法書における説明会の義務化、評価項目等の選定段階における環境大臣の技術的助言などが追加され、2011年4月に法改正が行われました。

【環境影響評価手続き】委員会、地元説明会対応

方法書、準備書など各段階における各種環境影響評価委員会、地域住民への周知のための住民説明会などにおいて必要な関連資料を作成します。

【環境管理】事後調査(動物・植物モニタリング)、重要動植物種の移植・移設、工事監視

環境影響評価において検討した環境保全対策の不確実性が大きい場合など、工事中や供用後の環境の状態を把握するため事後調査を行います。

   
環境分野概要へ
 


このページの先頭へ戻る