寝屋北地区高架橋

大阪と京都を結ぶ第二京阪道路は、国道1号をはじめとする慢性的な交通渋滞の緩和や沿地域の活性化、関西国際空港のアクセス強化等を目的とした自動車専用道路です。本業務では大阪府北部の寝屋北地区に計画された橋長336mの高架橋の詳細設計を行いました。

詳細設計においては、新技術による維持管理性に配慮した上部構造の計画に加え、コンピュータ・グラフィックを活用した橋脚形状の統一や細部構造検討など、景観面にも配慮した設計を行いました。

発注機関

国土交通省 浪速国道事務所

橋 長 336m
構造形式

PC連続箱桁橋

下り線: 5径間+4径間

上り線: 6径間+3径間

支間長

下り線 2@37.5+3@35.0、 36.0+3@40.0m

上り線 2@37.5+3@35.0+36.0、 3@40.0m

基礎工形式

鋼管ソイルセメント杭、直接基礎

完成年

平成22年