圏央道環境調査17C6業務  

 

本環境影響評価は、東京都心よりおおよそ半径40~60kmに位置し、横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの主要な都市を結ぶ首都圏中央連絡道路の大栄横芝間(千葉県成田市~山武市)における生活環境に関する調査、予測評価結果をとりまとめ準備書(案)を作成したものです。

また、本業務では、方法書についての知事意見及び技術検討委員会の指摘事項を踏まえて、路面排水及び工事中の降雨時の水質への影響、暫定時の大気質・騒音の影響、ベンゼンの影響、トンネル坑口周辺部での接地逆転層の影響、工事中のNO2、SPMの影響を検討しました。

本業務は、平成18年度に東京湾岸道路調査事務所長表彰を受賞しました。

 

発注機関

国土交通省 東京湾岸道路調査事務所

対象区間 千葉県成田市~山武市 (延長約19km)

業務内容

環境影響評価準備書作成