平成17年度京都第二外環状道路周辺影響調査業務

本環境調査は、京都第二外環状道路(大山崎JCT・IC~大枝IC、L=約10km)について、動物・植物および生態系の現地調査を実施し、重要種や注目種の確認状況等から事業による自然環境への影響を予測評価し、保全措置を検討したものです。併せて、環境配慮指針として、保全方針と適用を検討するとともに、測量等の現地作業での行動ルールをとりまとめました。
また、対象道路による騒音の影響を予測評価し、対策を検討するとともに、地域住民との対話を円滑に進めるために、「騒音体感システム」「環境情報表示システム」を作成しました。
本業務は、平成18年度に近畿地方整備局長表彰を受賞しました。

 

発注機関

国土交通省 京都国道事務所

対象区間 京都府京都市~長岡京市(延長約10km)

業務内容

事後調査、予測・評価・保全措置検討