福山管内自然環境調査業務

本業務は、尾道松江線及び福山道路における環境影響評価後の自然環境調査の一環として、希少猛禽類の生息状況の把握を行うとともに、尾道松江線においては重要な植物種に対する保全対策の検討と周辺環境への影響緩和のための植裁について、具体的な対策の立案を行ったものです。

猛禽類調査では、沿道で営巣木が確認されたサシバについて、発注者、施工会社の協力を得て、可能な範囲で工事工程の見直し、低騒音型機械の採用、コンディショニング等の保全措置を実施しました。

また、緑化計画では、地域の景観や動植物に配慮した緑化方針、樹種選定、配植計画、緑化工法等の検討を行いました。

本業務は、平成20年度に中国地方整備局長表彰を受賞しました。

 

発注機関

国土交通省 福山河川国道事務所

対象区間 広島県尾道市~三次市甲奴町(延長約33km)、福山市

業務内容

猛禽類調査、重要植物保全措置検討